一番大事なものは 家族 そして仕事
      ポリシーの源は矢沢永吉
      機屋のおやじが書くブログです
  
発達支援ファイル学習会

発達障害のある 特別な指導、支援を必要とする子どもたちへの
乳幼児期から成人期までの一貫した支援を行うためには、
本人についての教育、保健、医療、福祉、労働等に関する情報を
集約した「支援ファイル」を作成、活用して、
必要な情報が継続して共有されることが大切であり
府下丹後でも各市町、圏域において取り組みが始まっている。


岩滝の知遊館で舞鶴こども療育センター小児科医の四方先生を講師にお迎えして
NPO法人丹後の自閉症児を育てる会の主催による
「発達支援ファイル」の学習会を行った。



丹後圏域2市2町の教育局、保険所、特別支援教育関係者、保育士、保健師、
福祉関係者、保護者等、83名の申し込み参加があった。
定員は60名で案内したのだが、予想外の多くの申し込みで
主催した我々にとって意義深い学習会となった。


四方先生の講演に続き、圏域に先駆けて支援ファイル「ひまわりノート」を作成した
与謝野町自立支援協議会の取り組みを協議会療育部会に所属する養護学校の教諭が
紹介した。




圏域で単独で作成したのは与謝野町だけである。
福祉に関する事は群を抜く!


強制で書くものでない。
これに長く付き合うという事で気楽に書くことが大事だ。





やや遅れてスタートした丹後圏域の取り組みも紹介。



うちの息子に関しても幼少の頃より、進級するたび、場所が変わるたびに
引継ぎや人的対応の遅れで、親も子も戸惑い悩まされて来た訳だが、
この様な物が、なぜもっと早く出来ていないんだろうとつくづく思う。




会員のお母さん方の手作りバザー







どれもプロ顔負けの味!
満員御礼だったので良く売れた。



多く人が来るということはニーズがあるという事。

ファイルもそうだけど伴う環境整備、理解も必要だ。






21:27 障害 comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
http://gachaman.web-cat.net/trackback/55
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
LINKS