一番大事なものは 家族 そして仕事
      ポリシーの源は矢沢永吉
      機屋のおやじが書くブログです
  
モーターの取替え
八丁撚糸機に仕掛ける下管を巻く管巻機で、
この工場ではレーヨンの紡績糸(スフ)を巻くため、
繊維の綿が雪ののようにつもります。

モーターからガラガラと異音が出て、だんだんひどくなり
軸の回転もおかしいとの事・・・
 



電源を入れてみると、なるほどベアリングから物凄い音。


中のグリスが無くなりボールがガタガタに減っているようでした。

ベアリング交換という手もありますが、機屋さんは待てません。



この様な小さな準備機から織機まで低圧200V3相交流(動力)で動く
モーターのお世話になっています。

中古の手持ちスペアに取り替えることにしました。




取り付けにくい所にモーターベースがあり
取り付ける前に配線をする事にしました。

古い接続部のテープを解くと、あれっ!
端子にIV線を通して少しひねってあるだけの接続でした。


テーピングしてしまうと中身は解りませんが
電気屋さんの仕事でしょうか?





新しいモーターの端子と接続するため線の皮を剥きます。





接続は絶縁スリーブを使い圧着します。





油のかかる恐れがあるので、テープも巻きます。




配線が出来たらベースに取り付け
プーリーを付けてベルトを張ります。




電源を入れて音のチェックと回転方向を確認して出来上がりです。


この場合はベースのベルトを張るアジャストボルトが緩んだままで
モーター自体が踊りながら回っていたようで、それが軸に負担をかけ
ベアリングが破損に至ったと思われます。

ベルトを張る時にしっかりと固定しました。



機屋さんは仕事に追われ、おかしい事でも気づかない事が
多いものですが、故障すると不安になるものです。
仕事が終わって、、なぜこうなったかを言ってあげたら
安心します。


モーター交換でも与謝野町商工会の織機調整等支援事業
助成金の申請書も証明しています。

繊維機械であれば何でも取り替えます。





00:11 製織と技術 糸 清 comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
http://gachaman.web-cat.net/trackback/65
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
LINKS